2008年01月07日

【コーヒーミル性能比較】カリタ・ハイカットミルVSプロペラ式コーヒーミル

コーヒーミル比較比較 カリタ・ハイカットミルVSプロペラ式コーヒーミル

コーヒーコラム第2回目。今回はコーヒーミル研究。コーヒーミルの性能を比較する為、グラインド式コーヒーミル、カリタ ハイカットミル(市価50,000円前後)とプロペラ式コーヒーミル、EUPA TSK-928(市価1,500円前後)を、挽き比べてみました。 

挽き豆の画像です。
どちらも、カリタの5番を目安に挽いてあります。

※画像をクリックしていただければ、拡大してご覧になれます。

ハイカットミル挽き豆サンプルカリタ ハイカットミル(グラインド式)で挽いた豆

粒は結構揃っています。

 

 

EUPAコーヒーミルTSK-928S(プロペラ式)挽き豆サンプルEUPAコーヒーミルTSK-928S(プロペラ式)で引いた豆

粒が揃っておらず、「微粉」が多いのが分かるかと思います。

この二つをカフェ・ベルニーニさんが焙煎した珈琲豆で飲み比べてみしたが、味の印象に大きな違いが現れました。

ハイカットミル:スッキリとした味
プロペラ式コーヒーミル:雑味があり、まとわり付くような印象

一般に味を狂わす原因といわれる、微粉がどれだけ含まれているかを調べる為、それぞれを茶漉しにかけ、微粉を振り落としてみました。

カリタ・ハイカットミル(グラインド式)の挽き豆からでた微粉カリタ・ハイカットミル(グラインド式)の挽き豆からでた微粉


 

 

EUPAコーヒーミルTSK-928S(プロペラ式)挽き豆からでた微粉EUPAコーヒーミルTSK-928S(プロペラ式)挽き豆からでた微粉

ハイカットミルで挽いたものと比較すると、3倍ほどの微粉がでます。

 

この「微粉」が珈琲の味を鈍らせる大きな原因と言われています。

※後日、追加記事を紹介いたします。



coffeefan at 16:15コメント(0)トラックバック(0) 
珈琲コラム │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自家焙煎珈琲店レビュー一覧表&ショップリンク
サイト内検索
コーヒーファンのお友達サイト【相互リンク】
バナー原稿120×600(120101)imp
スポンサードリンク