2008年11月18日

【珈琲コラム】コーヒーの甘さと糖度

コーヒーの甘さと糖度

サンフジコーヒーコラム第5回目。コーヒーの甘さと糖度について。

いきなりですが、今日、八百屋さんでりんご(サンフジ)を買ってきました。 

価格は1個80円。結構甘いなーと思って、糖度計で測定してみた所、糖度が16度ありました。これは良い買い物だったかも。

以前、管理人が糖度計を持っている事について、八百屋さん達と話した所、中々興味深い内容に話が発展しました。

甘みだけではなく、酸味、鮮度、食感等、その他の要素も重要だとの話。甘み、その他の要素等を推測できて、個別に旬の時期を記憶してないと商売にならないよ!との話でした。

果物では酸度が重要らしい。さらに、同じ糖度、酸度のものを比較しても、甘さの優劣を感じる例があるようです。具体例を挙げると西瓜。同じ条件であっても、シャキシャキ感(食感)が良いほうを甘いと感じるようです。

珈琲で甘いといえば、樽珈屋さんのレビューで登場した、コロンビアアデスコンドル。

甘みが前面に感じられる珈琲豆だったので、糖度計で計測してみた所、糖度は1.5。今度は同じ条件で、マンデリン ビルセレクシを計測してみる。すると糖度は1.8。甘いとは言い難いマンデリンの方が糖度が高いという結果に。ちなみに珈琲の糖度を計測すると殆どの珈琲が1〜2前後の値を示します。

この結果から、珈琲の甘さも果物同様、糖度計で計れる糖度以外の「その他の要素」が重要であるようです。

コーヒーのおいしさは、様々な要素が入り混じっており、一言では語りきれないように思えました。

もし、農協レベルの計測環境を所持していれば、珈琲を飲まずして、香りを嗅がずして、「コーヒーのおいしさ」をある程度推測できるかもしれません。



coffeefan at 23:29コメント(0)トラックバック(0) 
珈琲コラム │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自家焙煎珈琲店レビュー一覧表&ショップリンク
サイト内検索
コーヒーファンのお友達サイト【相互リンク】
バナー原稿120×600(120101)imp
スポンサードリンク