2011年01月20日

【レビュー】カリタ ハイカットミル 業務用グラインド式電動コーヒーミル

ハイカットミル3-1

コーヒーミルレビュー、第2回目。今回はカリタの業務用グラインド式電動コーヒーミル、ハイカットミルをレビューします。

業務用グラインド式コーヒーミルの定番とされています。自家焙煎珈琲店および喫茶店での使用率は非常に高いです。チェーン店でよく見かけますね。耐久性 に優れており、親子三代で使用できるとも言われています。実売は4万6千円〜。サイズは実測で幅34cm×奥行17cm×高さ59cm。

家庭用で人気のナイスカットミルは、ハイカットミルを小型化して、刃をカット刃にしたものです。価格帯が違うので比較対照としては適切ではありませんが、作り出す味、及び耐久性はハイカットミルのほうが上です。

当サイトは自家焙煎珈琲店のレビューサイトですが、レビューに使用する珈琲豆の抽出には、カット式コーヒーミルシルバーカットミルとグラインド式コーヒーミルハイカットミル、2台の業務用コーヒーミルを使い分けています。

カット式、グラインド式、プロペラ式のそれぞれの特性はコーヒーミルの選び方特集ページで解説しています。

後ほど、ハイカットミルの分解清掃、挽き目調整(ゼロ点調整)、カット式コーヒーミルシルバーカットミルVSグラインド式コーヒーミルハイカットミル等の特集記事も紹介していきたいと思います。

早速使い方を紹介します。

ハイカットミル3-2

90度回転。横から見たところ

ハイカットミル3-3

上部ホッパーより豆を投入します。ホッパーの容量は結構あり1.2kgくらい珈琲豆が入りそうです。

ハイカットミル3-4

ホッパーを開けて覗き込むと、僅かに刃が見えます。

ハイカットミル3-5

ハイカットミルの機能として、誤粉砕防止機能がついています。銀色のストッパーを・・・

ハイカットミル3-6

画像のように中に押し込みます。

ハイカットミル3-7

豆の投入口が塞がれる事により、不意に珈琲豆が挽かれるのを防止します。便利そうですが、この機能は正直あまり使いません。

ハイカットミル1-0

中には画像のようなグラインド刃が二枚向き合っていて間に来たコーヒー豆を粉砕します。

ハイカットミル3-8

電源のON、OFFは本体下部のレバーで行う仕組み。このモデルは業務用ですが、家庭用のコンセントで使用可能です。

ハイカットミル3-9

ダイヤルを回すことで挽き具合を調節できます。メモリの表示は1〜10までの10段階ですが、実際は17の段階があります。

早速挽いてみます。

ゴーッと珈琲豆が粉砕されているような音。10gの珈琲豆を挽くのに要する時間は4秒位。

グラインド式のメリットとして、微粉が生成されにくいので綺麗な味になります。銘柄の個性や旨みの表現具合はカット式のほうが強いです。

ハイカットミル3-10

ダイヤル下の噴出口から珈琲豆が排出されます。

ハイカットミル3-11

受け皿は排出口とがっちりと連結する事が可能です。

ハイカットミル3-12

このハイカットミルはタテ型です。現行モデルは、受け皿がタテで赤色、ヨコ型は受け皿が横向きで銀色です。

ハイカットミル3-13

このように粉砕されたコーヒー豆を移します。

ハイカットミル2-1

そのまま飲むのであれば、ドリッパーを排出口にもってくるのが便利。管理人は受け皿は邪魔なので全く使っていません。

それぞれの挽き目を紹介
※画像をクリックしていただければ、拡大してご覧になれます。

ハイカットミル1-15

極細挽 最も細かく引いたものでダイヤル1です。

ハイカットミル1-16

中挽き ダイヤル4です。使用頻度が最も高いものです。シルバーカットミルの挽き目と比べると目が揃っています。

ハイカットミル1-17

荒挽き ダイヤル10です。

ハイカットミル1-18

左上より、極細挽き、中挽き、極荒挽きの全てを同時掲載したもの

ハイカットミル3-15

それぞれを抽出してみました。色の濃さも違いますね。細いものほど甘みが際立ちます。荒いものほど味わいがスッキリとします。

ハイカットミル3-16

製造元は丸広産業、販売がカリタです。丸広産業は新潟県三条市にあります。三条市は工具、刃物製造に長けた会社が数多く存在している事で有名です。定格使用時間は10分。周波数は50/60Hz、日本中どこでも使えます。

工具名産地で作られた日本製コーヒーミル。信頼性は折り紙つきです。補修部品の入手は容易、カリタ専用ダイヤルによる製品に対する手厚いサポートもあります。

それなりのコーヒーミルを使用すると、コーヒーを入れたりたり、飲んだりするのが楽しくなりますよ。安く販売されている場合、4万6千円ぐらいからあります。

楽天市場で比較する
Yahooショッピングで比較する
amazonで比較する



coffeefan at 15:08コメント(0)トラックバック(0) 
コーヒーミルレビュー | コーヒー器具

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自家焙煎珈琲店レビュー一覧表&ショップリンク
サイト内検索
コーヒーファンのお友達サイト【相互リンク】
バナー原稿120×600(120101)imp
スポンサードリンク