2012年06月20日

【コーヒー豆で消臭剤】18円でできる!コーヒーの香り袋の製作方法を紹介!

コーヒー豆で消臭剤作り1-1

余った珈琲豆の再利用に!

コーヒー豆で作る天然の消臭剤、コーヒーの香り袋の作り方を紹介します。 

TV番組などで、コーヒー抽出後の残りカスが、消臭剤として使えると紹介されています。

抽出済みのコーヒーの残りカスと、未抽出のコーヒーの粉。どっちのほうが消臭剤として優れていると思いますか?後者ですよね。香りの広がり方が全然違いますもん。

さらに!当サイトは自家焙煎珈琲店のレビューサイトなので、焙煎されて間もない新鮮な珈琲豆を使用します。

コーヒー豆で消臭剤作り1-2

お茶パックを用意します。
50枚入りで150円くらいです。

コーヒー豆で消臭剤作り1-3

珈琲豆5gをカット式のコーヒーミル、シルバーカットミルをで挽いてやりました。

グラインド式よりカット式のコーヒーミルのほうが、香りの広がりに長けています。

コーヒー豆で消臭剤作り1-4

挽いた粉をお茶パックにいれてやります。

この後、珈琲の粉がこぼれないように、袋を圧着してやる必要があります。

コーヒー袋ジャンクマン1-3

コーヒーファンチーム、コーヒー袋ジャンクマン登場!

コーヒー豆で消臭剤作り1-5

コーヒーの香り袋ジャンククラッシュ!!

コーヒー豆で消臭剤作り1-6

凄まじいジャンククラッシュでした。

強さ4でランプが消灯するまで押すとぴったりです。熱を強く通し過ぎると、袋が切断されてしまいます。適宜調節してやってください。

既によい香りが漂っています。

コーヒー豆で消臭剤作り1-7

靴箱に入れてやったり・・・

コーヒー豆で消臭剤作り1-8

お決まりのトイレにも!

消臭力は強力!

靴箱やトイレ。臭いあったっけ?というくらい無臭になります。

天然素材で作った消臭剤なので、香りに違和感がありません。化学的に作られた消臭剤はちょっと違和感感じますよね。

余った珈琲豆を再利用してみてはいかがでしょうか?

焙煎されて間もない珈琲豆のほうがいい香りなのは、言わずもがなです。袋3円+珈琲豆15円のわずか18円で製作できました。機会があればやってみてください。



coffeefan at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 
管理人のコーヒーグッズ │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自家焙煎珈琲店レビュー一覧表&ショップリンク
サイト内検索
コーヒーファンのお友達サイト【相互リンク】
バナー原稿120×600(120101)imp
スポンサードリンク