管理人のコーヒーグッズ

2012年06月20日

コーヒー豆で消臭剤作り1-1

余った珈琲豆の再利用に!

コーヒー豆で作る天然の消臭剤、コーヒーの香り袋の作り方を紹介します。 続きを読む

coffeefan at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月19日

以前使い方を紹介しましたが、コーヒー袋を含むいろんな袋の密封に便利な、テクノインパルスのクリップシーラーZ-1こと、コーヒー袋ジャンクマン

クリップシーラー2-1

約1万回を超えるコーヒー袋ジャンククラッシュにより、ヒーター線、テフロンテープが消耗。分解修理する事にしました。 続きを読む

coffeefan at 15:09コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月24日

コーヒーバネット1-1

管理人のコーヒーグッズ17回目。折りたたみ可能なバネ式コーヒードリッパー、ユニフレームのコーヒーバネット 続きを読む

coffeefan at 14:37コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月19日

レビュー、たっくんの備長炭スプーン

たっくんの備長炭スプーン1-1管理人のコーヒーグッズ16回目。12月14日のセール情報でご案内したたっくんの備長炭スプーン。管理人が購入しましたのでレビューします。

通常価格500円の商品が26個限定特価、送料無料で250円。商品は3日ほどで到着しました。  続きを読む

coffeefan at 13:39コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月07日

ふりふりフローズンシェイカー1-1

管理人のコーヒーグッズ15回目。先日この記事にてセール情報をご案内しましたがamazonにて、ふりふりフローズンシェイカーを特価購入しましたのでレビューします。購入価格は缶ジュース2本分くらい  続きを読む

coffeefan at 14:29コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月18日

レビュー、急須スキッター、きゅうすスキッター

きゅうすスキッター1-1管理人のコーヒーグッズ14回目。ドリップポット(コーヒーポット)買ったけど、細い注湯や点滴ができない!と困っている人はいませんか?ドリップポットの先端に取り付けるだけで、細かい注湯や点滴を可能にする補助ツール、その名も急須スキッター(きゅうすスキッター) 続きを読む

coffeefan at 20:47コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月05日

コーヒーを楽しく表現する為に生まれたコーヒー飲みのグループ、その名もコーヒーファンチーム。大将になります。最強の男がようやく帰還いたしました。

コーヒーファンチーム大将1-1

管理人宅に何やら謎の配送物。屈強な男が大切そうに運んできました。3辺80cm。結構でかいです。 続きを読む

coffeefan at 14:42コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月11日

コーヒーファンメモ

コーヒーファンメモ1-1管理人のコーヒーグッズ、12回目。自家焙煎珈琲店に関する情報を集めたスクラップブック、その名も「コーヒーファンメモ」。これまでに集めた自家焙煎珈琲店のパンフレット、個人的なメモ書き、珈琲器具に関する資料をひとまとめにしたもの。 続きを読む

coffeefan at 15:34コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月30日

レビュー、ダ・ヴィンチ フレーバーシロップ ストロベリー味を購入しました

ダ・ヴィンチ フレーバーシロップ 1-1管理人のコーヒーグッズ、11回目。この記事でセール情報をご案内しましたが、コーヒー専用シロップ、 ダ・ヴィンチ フレーバーシロップ ストロベリー 187mlが到着しましたのでレビューします。続きを読む

coffeefan at 14:38コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月24日

イチゴタイマー

イチゴタイマー1-1管理人のコーヒーグッズ、10回目。珈琲の抽出時間の管理に。最強のキッチンタイマー、イチゴタイマー! 続きを読む

coffeefan at 14:57コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月15日

管理人のコーヒーグッズ、コーヒーネルの保存に、旭化成のZiploc(ジップロック)

コーヒーネルの保存方法1-1管理人のコーヒーグッズ、9回目!自作コーヒーネルを保管する為に使用する、旭化成のZiploc(ジップロック) 続きを読む

coffeefan at 15:35コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月18日

無題ドキュメント

この記事で紹介した、萩焼窯元 天龍窯さんの、お年玉的福袋。管理人も購入していました。

その一部を紹介します。

天龍窯1-1

 

 

 

 

萩焼マグカップ。

萩焼は、焼き上がりの際に、陶土と釉薬の収縮率の差によって、表面に細かい「ひび」が生じます。これを貫入と呼びますが、このひびから、お茶やコーヒーが浸透することで、陶器の色が変わっていって味わいが出てきます。これを萩の七化けと呼びます。

今は真っ白な状態ですが、これを使い込んで、色や印象の変化を楽しんでみようと思います。

七化けの様子は、後日、個別記事にてご案内する予定です。



coffeefan at 00:39コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月08日

ボンマック、BONMACM-1

管理人のコーヒーグッズを紹介します。
第7回目は、BONMAC(ボンマック) M-1 手挽きコーヒーミルです。

BONMAC-M1-1.jpg

 

 

 

 

ラッキーアイクレマス社の製品です。

続きを読む

coffeefan at 23:43コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月20日

HARIO、ハリオ、ミクロップ 

管理人のコーヒーグッズを紹介します。
第6回目は、ハリオの金属フィルター「ミクロップ」です。

ミクロップ1

 

 

 

 

購入価格は、3150円

続きを読む

coffeefan at 16:20コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月22日

アロマフィルター メリタ ドリッパー

管理人のコーヒーグッズを紹介します。第5回目はメリタのドリッパー、アロマフィルターAF-M 1×2(2〜4杯用)です。

アロマフィルター1

 

 

 

 

価格は540円

続きを読む

coffeefan at 17:22コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月02日

ユキワ コーヒーポット ドリップポット

管理人のコーヒーグッズを紹介します。第4回目は「コーヒーポット ユキワM-7」です。用の美を追求したコーヒーポットです。珈琲専門店や喫茶店でも数多く使用されています。

ユキワM-7-1

 

 

 

 

容量:1000cc サイズ:8×10.8×高さ21cm

まず、業務用でガンガン使われる事を想定して作られたものなので、物凄い丈夫です。一般のステンレス製コーヒーポットの2倍ほどの厚みがあります。ちなみにM-7で、570g程の重さがあります。18-8ステンレス採用。一見どれも同じように見えるステンレスですが、ステンレスにもランクがあります。

画像を良く見てみると分かりますが、取っ手の上下接合部分に小さな穴が二つずつ開いています。この穴が開いている事により、取っ手が熱くなりすぎる事を防ぎます。

ユキワM-7-2

 

 

 

 

蓋が本体と繋がっていて、コーヒーポットを傾けた時に外れません。ちょっとした開け閉めは、少し遠心力をかけるだけで済むので、とても便利です。

ユキワM-7-3

 

 

 

 

管理人はポットの注ぎ口をペンチで潰して、細口にしています。こうする事により、微妙な調整が可能になりました。

最近ユキワのIH対応モデルが出たようですが、旧型のMシリーズのほうが優れているように思えます。
管理人はM-7型(5-7人用)を使用していますが、これより一回り小型のM-5型(3〜5人用)のほうがおすすめです。

楽天で見てみる
Yahooショッピングで見てみる  

過去の管理人のコーヒーグッズはこちら



coffeefan at 13:29コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月04日

管理人のコーヒーグッズ3回目!「自作コーヒーネル」

ネル1管理人のコーヒーグッズ3回目!「自作コーヒーネル」です。ネルドリップは、濃厚なおいしい珈琲を入れる事が出来るベストな抽出方法ですが、市販の商品は、価格が比較的高価です。管理人は簡単な方法で、ネルを製作しています。 続きを読む

coffeefan at 20:07コメント(2)トラックバック(0) 

2007年10月20日

無題ドキュメント

ハリオV60-1

 

 

 

 

管理人のコーヒーグッズを紹介します。第2回目は「ドリッパー ハリオV60」です。コーヒーのドリッパーというと、カリタ式の扇形ドリッパー思い浮かべる人が多いと思いますが、円錐型の方が、おいしい珈琲を淹れられます。円錐型にする事により、珈琲の層がより厚くなり、注がれたお湯に長く触れる為、珈琲の成分をより多く抽出する事が出来るのです。

左側は1〜4杯用、右側は1〜2杯用です。管理人は、抽出する量に応じて、使い分けています。

ハリオV60-2

 

 

 

 

斜めから見た所。
このドリッパーには機能だけではなく、美しさもあります。

ハリオV60-3

 

 

 

 

上から見た所。
カリタ式(小さい穴3つ)やメリタ式(小さい穴1つ)と違って、中心に大きな穴が開いています。ドリッパーの大きな穴からペーパーの先端が出る事により、ドリッパーの制限を受けず、自由度の高い抽出が可能です。素早く注ぐとスッキリとした味に、ゆっくり注ぐとコクのある味に。コーヒーネルに近い味を醸し出すと言われています。

また、スパイラルリブ(渦巻き状の溝)がある為、ペーパーとドリッパーの間に空間ができ、"蒸らし"による珈琲粉の膨張を妨げません。

同じ円錐形のドリッパーにコーノ式がありますが、味に大きな違いはありません。
円錐形のドリッパーは、丁寧に淹れると、扇形よりもおいしい珈琲が淹れられますが、適当に入れると抜けたような味になってしまいます。細い注湯が出来るコーヒーポットと、少しの慣れが必要ですが、珈琲豆の個性が感じられるようになります。

ハリオV60-4

 

 

 

 

少し変わった形のメジャーカップが付いてきます。
鏡餅みたいです。

ハリオV60-5 

 

 

 

8,10,12gの計量が可能です。

ハリオV60にはセラミックとプラスチック、2種類の素材があります。素材の選択は好みでよいでしょう。

楽天で見てみる
Yahooで見てみる
amazonで見てみる

実店舗ですと、ホームセンターやスーパーマーケットでの取り扱いは少ないのですが、百貨店には置いてある事が多いです。

過去の管理人のコーヒーグッズはこちら



coffeefan at 12:01コメント(0)トラックバック(0) 

2007年09月22日

クリップシーラー

クリップシーラー1

 

 

 

 

管理人のコーヒーグッズを紹介します。第1回目は「クリップシーラー」です。本体から発する熱で、袋を完全密封する優れものです。

クリップシーラー2

 

 

 

 

本体にはマグネットが付いていて、冷蔵庫にも貼り付け可能。

クリップシーラー3

 

 

 

 

例えばコーヒー袋を・・・

クリップシーラー4

 

 

 

 

このように完全密閉できます。

クリップシーラー5

 

 

 

 

上から見たところ。

珈琲豆は湿気に弱いので、密封し、冷蔵庫or冷凍庫で温度変化を抑えながら保存する事が重要です。
熱の段階も調節可能。分厚い袋には複数回使用することで密封が可能です。

お菓子や砂糖等、袋であればなんでも密封できるのでかなり便利なアイテム。
WEB上ですと、送料無料で3980円くらいで購入できます。

楽天で見てみる
Yahooショッピングで見てみる  

過去の管理人のコーヒーグッズはこちら

 



coffeefan at 17:15コメント(0)トラックバック(0) 
自家焙煎珈琲店レビュー一覧表&ショップリンク
サイト内検索
コーヒーファンのお友達サイト【相互リンク】
バナー原稿120×600(120101)imp
スポンサードリンク